メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

優勝届けられず悔し涙 金足農・吉田

【金足農-大阪桐蔭】大阪桐蔭に敗れ、顔を覆う金足農の吉田=阪神甲子園球場で2018年8月21日、津村豊和撮影

 〇大阪桐蔭(北大阪)13-2金足農(秋田)●(21日・阪神甲子園球場、決勝)

 応援歌に乗った甲子園全体の手拍子もむなしく、金足農の九回の攻撃は3者凡退。5回12失点で降板したエース右腕・吉田輝星(3年)は「応援してくれた人に優勝を届けられなかった」と悔し涙を流した。

 雪国・東北は全国10地区で春夏を通じて唯一優勝がないが、今世紀に入って決勝進出が8回あり、2000年までの4回から倍増した。レベルアップの一因は「野球留学」。激戦区の関西出身者が甲子園に出るために東北の強豪私立校に…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  3. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです