メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
夏の高校野球

金足農の菊地適時二塁打「歓声が痛かった」

【金足農-大阪桐蔭】七回表金足農1死一塁、菊地亮が右越え適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月21日、平川義之撮影

 〇大阪桐蔭(北大阪)13-2金足農(秋田)●(21日・阪神甲子園球場、決勝)

 金足農の8番・菊地亮がチーム唯一の長打となる適時二塁打を放った。11点リードを許した七回1死一塁、「何も考えないで、思い切り振った」と高めの直球を流し打ち、右翼手の頭を越えた。「歓声がヘルメットの中の耳に響いて痛かった」…

この記事は有料記事です。

残り85文字(全文235文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 韓国側との情報共有、防衛相「オファーはしたい」 北朝鮮ミサイル発射

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです