メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県大会 組み合わせ抽選会 29チーム、対戦決定 17日に開幕 /徳島

 第71回県高校野球秋季大会(県高野連主催)の組み合わせ抽選会が6日、徳島市北田宮1の県教育会館であり、参加32校29チームの対戦相手が決まった。今夏の甲子園に出場した鳴門はつるぎと対戦する。大会は17日に開幕し、上位3校は来春のセンバツ出場校を選ぶ参考資料となる秋季四国地区高校野球大会に進出する。【岩本桜】

 抽選会では、鳴門の塩唐松宏将主将(2年)が優勝旗を返還した後、各校の主将が順番にくじを引いた。くじに記された番号と校名を主将が読み上げ、トーナメント表に校名の札を掲げた。雨天で打ち切りとなった県新人中央大会で4強入りした鳴門、池田、富岡西、鳴門渦潮がシード校となった。今大会では阿南工・阿南光と新野、阿波西と吉野川がそれぞれ合同チームとなって戦う。

 試合会場はオロナミンC球場(鳴門市撫養町立岩)とJAアグリあなんスタジアム(阿南市桑野町)の2カ所で、準々決勝以降はオロナミンC球場のみ。準決勝は10月6日、決勝は同7日に予定。四国大会は同27日、香川県で開幕する。

第71回徳島県高校野球秋季大会組み合わせ
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです