メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会

県南と県北で地区予選開幕 /茨城

[PR]

 第71回秋季関東地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞水戸支局など後援)の出場権をかけた地区予選が7日、県南と県北地区で開幕し、1回戦と代表決定戦計9試合が行われた。残る県西と水戸地区は8日に開幕する。

 予選は県内4地区に分かれて行われ、計86チーム(うち合同チームは5チーム)が出場。今夏の甲子園出場校で地区予選を免除された土浦日大に加え、各地区予選を勝ち上がった計33チームが県大会(19日開幕)に出場する。【川崎健】

県南地区

 <Jスタ土浦>

 ▽1回戦

土浦三   11-0 取手二

江戸崎総合 10-0 4校連合

 ※4校連合=土浦工・石岡商・潮来・竜ケ崎南

 <牛久運動公園>

牛久栄進 7-4 つくば国際大高

藤代紫水 6-5 牛久

 <龍ケ崎市たつのこ>

取手松陽 5-1 江戸川学園取手

麻生   5-4 土浦一

県北地区

 <ひたちなか市民>

 ▽1回戦

小瀬  12-2 勝田

勝田工 11-1 4校連合

 ※4校連合=高萩・常陸大宮・海洋・常北校

 ▽代表決定戦

明秀日立 15-0 高萩清松

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです