メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会

対戦相手決まる 33校出場 上位2校、関東大会へ 19日開幕 /茨城

[PR]

 第71回秋季関東地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞水戸支局など後援)の組み合わせ抽選会が14日、水戸市水府町の県職業人材育成センターで行われ、全33校の対戦相手が決まった。

 抽選会では出場校監督らの投票で得票数が多かった(1)常総学院(2)霞ケ浦(3)明秀日立(4)水城の4校をシード校に決定。県北、水戸、県南、県西各地区の高校をブロックごとに均等に割り振った上で、抽選を行った。

 大会は19日、水戸市見川町のノーブルホームスタジアム水戸で開幕し、27日に同スタジアムで決勝を行う。上位2校は10月20日に甲府市で開幕する関東大会に出場。関東大会の成績は来春の選抜高校野球大会の出場校選考の重要な参考資料となる。【川崎健】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです