メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県予選 健大高崎、猛打8強 伊勢崎清明は終盤に加点 /群馬

[PR]

 第71回秋季関東地区高校野球大会県予選(県高野連主催、毎日新聞前橋支局など後援)は16日、西毛運動公園球場で、3回戦2試合があり、夏の県大会準優勝の健大高崎と8強の伊勢崎清明がベスト8に駒を進めた。健大高崎は柳沢、中田の本塁打など13安打で中央中等にコールド勝ち。伊勢崎清明は終盤に打線がつながり、沼田を突き放した。

     17日は高崎城南球場で3回戦2試合が行われる。【菊池陽南子】

     <西毛運動公園球場>

     ▽3回戦

    伊勢崎清明

      001020221=8

      003010001=5

    沼田

     (伊)森沢、加川-川田

     (沼)榎本、林哲、長谷川、飯塚-諸田

    ▽本塁打 鈴木(沼)

    ▽三塁打 長瀬(伊)

    ▽二塁打 長瀬、岡田(伊)鈴木、信沢(沼)

    健大高崎

      024302=11

      000000=0

    中央中等

     (六回コールド)

     (健)藤原、笹生、朝井-柳沢、戸丸

     (中)松岡、名古屋、中林-篠崎

    ▽本塁打 柳沢、中田(健)

    ▽二塁打 古滝、田口、山本、柳沢、辻(健)篠原(中)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

    2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

    4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

    5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです