メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会・準決勝 御殿場西VS清水桜が丘、29日に決勝 3位決定戦も同日 /静岡

[PR]

 第71回秋季東海地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞静岡支局後援)は23日、静岡市駿河区の草薙球場で準決勝2試合が行われた。御殿場西が今春センバツ出場の静岡に快勝し、清水桜が丘は東部1位の加藤学園との接戦を制した。御殿場西は26年ぶり、清水桜が丘は初めての東海大会出場となる。

     決勝と、東海大会出場の残り1枠を争う3位決定戦は29日、草薙球場で行われる。【高場悠】

     <草薙球場>

     ▽準決勝

    静岡得点機逃す

    御殿場西

      006010101=9

      000010200=3

    静岡

     (御)高田-磯部

     (静)斉藤颯、松下、石田-小岩

    ▽二塁打 夏賀、新井(御)

     御殿場西は三回、連打で無死一、二塁とし、4番・内海の適時打で先制。四球や相手のミスもあり、この回だけで6点を奪い、その後は流れを渡さなかった。静岡は2桁安打と打線は活発だったが、思うように得点に結びつけられなかった。

    加藤学園及ばず

    清水桜が丘

      030000001=4

      100000000=1

    加藤学園

     (清)敦賀-森下

     (加)肥沼、桜井、内田-林口

    ▽二塁打 高柳、杉森、山沢(清)藤原(加)

     清水桜が丘は1点を先制された直後の二回、1死二塁から7番・杉森の適時二塁打で同点とし、さらに1番・山沢の適時打などで2点を追加し逆転。守っては先発・敦賀が相手打線を3安打に抑えた。加藤学園は初回に連打で先制したが、その後は好機を作れなかった。


     ■青空

    勝つ楽しさを知り成長 御殿場西2年・新井七輝主将

     「夏賀(貞伍中堅手)が出てくれた。自分が還す」と意気込んで立った五回の打席は左中間への適時打に。この日、5安打1打点の活躍。主将としてだけでなく、攻撃面でも中心の役割を果たした。強豪を破ってつかんだ東海大会出場に「素直にうれしい」と笑顔を見せた。

     夏の静岡大会は初戦敗退という悔しい結果に終わり、秋の地区大会も苦しんで東部4位。「今までは勝つことの楽しさを知らなかった。県大会で『勝ちの楽しさ』をチーム全体が、分かってきた」と話す。森下知幸監督も「静岡に勝って東海(大会出場)を決めたのは選手たちにとっても大きい」と喜ぶ。

     新チームになってから主将として引っ張る立場。「何が何でも勝つチーム」を目指してきた。「長打が出るチームではないので、短打でつないでいく。リードしている時は『1~2点は仕方ない』と割り切れるようにもなった」と、チームの成長を感じるという。「みんなでつなげていこう」という思いで編み出した、塁に出たら披露する「E・Tポーズ」もチームの雰囲気を盛り上げる。

     東海大会に向け、「一度も負けられない戦いだが、笑顔で自分たちの野球ができれば」と意気込みを語った。【高場悠】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

    2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

    4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

    5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです