メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

九州地区大会県予選 4強出そろう /大分

[PR]

 第143回九州地区高校野球大会県予選(県高野連主催)は24日、準々決勝4試合が大分市の別大興産スタジアムなどであり、日本文理大付、大分、津久見、明豊の4強が出そろった。29日は同スタジアムで準決勝2試合が行われる予定で、第1試合(午前10時)は日本文理大付と大分、第2試合(午後0時半)は津久見と明豊が対戦する。決勝進出チームは、10月20日から熊本県で開催される九州大会に出場する。【尾形有菜】


     ▽準々決勝

    大分工

      200000000=2

      22000100×=5

    日本文理大付

    藤蔭 005000000=5

    大分 00206000×=8

    佐伯鶴城

      100001000=2

      00010400×=5

    津久見

    柳ケ浦 0000000=0

    明豊  121201×=7

     (七回コールド)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

    2. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

    3. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

    4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

    5. JR東海が23年ぶり新型特急車両 初のハイブリッド方式、120キロで営業運転へ

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです