メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会

中央学院が逆転勝ち 8強決まる 成田はコールドで /千葉

[PR]

 第71回秋季高校野球大会(県高野連主催、毎日新聞社など後援)は29日、柏市の柏の葉公園野球場など3球場で3回戦8試合があり、8強が決まった。中央学院は6-4で千葉黎明に逆転勝ち。成田は19-1で船橋芝山をコールドで降した。習志野、銚子商、暁星国際もそれぞれコールド勝ち。木更津総合、千葉敬愛、東海大市原望洋も準々決勝に駒を進めた。台風の接近が予想されるため、30日に予定されていた準々決勝4試合は10月1日に変更された。【富美月】

定年の監督が激励

 ○…「エースの故障があった中で3回戦まで来られたのは大きい」。習志野に敗れた佐倉の堀内幹仁監督は試合後、今大会を総括した。1年秋からエースを務める斎藤正貴投手(2年)が腰を痛めて登板が難しい中、今秋は吉岡大翔投手(1年)ら2番手以降の投手が急成長。2回戦では強豪・千葉経大付に逆転勝ちする粘り強さを見せた。同校は県内屈指の進学校で、学業を優先し練習時間が1日1時間未満の時期もあるという。今年で定年を迎える堀内監督は「そんな中でよくやってくれた」とねぎらいつつ、「でもハンディを覆して勝ってこそ高校野球」と選手たちに激励の言葉を贈った。

 ▽3回戦

千葉黎明

  001200100=4

  00200040×=6

中央学院

柏南   0000000=0

暁星国際 0100141=7

 (七回コールド)

専大松戸

  001002001=4

  00301203×=9

東海大市原望洋

佐倉  0000000=0

習志野 2101102=7

 (七回コールド)

成田   103120012=19

船橋芝山 0000100 0=1

 (八回コールド)

銚子商 20720=11

市千葉 01000=1

 (五回コールド)

千葉商大付

  000000000=0

  00100121×=5

木更津総合

京葉工

  000000000=0

  01000004×=5

千葉敬愛

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです