メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

九州地区佐賀大会 佐賀学園、北陵が決勝へ 九州大会に両校出場 /佐賀

[PR]

 第143回九州地区高校野球佐賀大会は1日、佐賀市のみどりの森県営球場で準決勝2試合があった。佐賀学園が佐賀商との接戦を制し、北陵が佐賀工に快勝して決勝進出を決めた。決勝は同球場で2日午後1時から。

 両校は熊本県で20日から始まり、来春のセンバツ出場校の重要な選考資料となる九州大会に出場する。九州大会は春と秋の年2回あり、佐賀学園は2季ぶり15回目、北陵は1973年の創部以来初めての参加になる。【竹林静】

佐賀商、好機生かせず

 ▽準決勝

佐賀学園

  000011000=2

  000000000=0

佐賀商

 (学)浜野-川副

 (商)野田、白仁田、古賀涼-古川

▽二塁打 片山(学)

 佐賀学園が投手戦を制した。五回、片山貴斗選手の適時打で先制し、六回は敵失で1点を加えた。浜野翔太投手は5安打に抑え完封。佐賀商は八回1死二、三塁、九回二死一、三塁の好機を生かせなかった。

佐賀工、六回に一矢

佐賀工

  000001000=1

  00211002×=6

北陵

 (佐)副島、本村-原唯

 (北)中尾-末次

▽三塁打 福井(北)

▽二塁打 高田(佐)勝野、牟田(北)

 北陵が着実に得点を重ねた。三回、勝野貴翔選手、牟田佑生選手の連続適時二塁打で2点を先制。五回は二死から四死球を足がかりに追加点を挙げた。佐賀工は六回、高田力選手の適時二塁打で1点を返すにとどまった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです