メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツナビでもっと見る
秋季高校野球

県予選 前橋育英が2年ぶりV 三回先制、着実に加点 /群馬

 第71回秋季関東地区高校野球大会県予選(県高野連主催、毎日新聞前橋支局など後援)は2日、桐生球場で決勝があり、前橋育英が5-2で桐生第一を降し、2年ぶり5回目の優勝を決めた。両校は20日から山梨県で開幕する関東大会に出場する。関東大会の成績は、来春のセンバツ出場校選考で重要な参考資料となる。組み合わせ抽選会は11日。【菊池陽南子】

    桐生第一、反撃実らず

     ▽決勝

    前橋育英

      003000011=5

      000000002=2

    桐生第一

     前橋育英は三回2死から2者連続四死球で一、二塁とし、中村、剣持の連打で3点を先制。八回、先頭の丸山が四球で出塁すると、中村の中前打に犠打を絡めて1点を追加。九回は1死満塁で丸山が四球を選び5点目を入れた。

     桐生第一は九回1死から石原、中島の連打で一、二塁とし、広瀬の適時三塁打で2点を返したが及ばなかった。


     ■白球譜

    攻撃の要、勝利貢献 前橋育英・2年 剣持京右二塁手

     三回、1点を先制し、2死二、三塁で打席が回ってきた。2ストライクと追い込まれたが、「とにかくランナーを返そう」と、内角の直球をはじき返した打球は2点適時打。チームを勢いづける一打となった。

     今夏の甲子園はレギュラーとして出場した。「新チームで甲子園に行きたい」と今大会は強い思いで臨んだが、大会前、調子を落としていた。大きい当たりを狙ってしまい、力が入りすぎていた。「もっと振りをコンパクトに」。荒井監督の助言で修正した。それが功を奏し、2本塁打を放つなど、攻撃の要として優勝に貢献した。

     「夏の甲子園は3年生のおかげで出させてもらった。今度は自分が周りに声をかけ、引っ張っていきたい」。甲子園へ向けた戦いは始まったばかりだ。【菊池陽南子】

    毎日新聞のアカウント

    3月25日の試合

    話題の記事

    関連サイト