メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県大会 近江兄弟社が4強 滋賀学園、水口は完封で /滋賀

【草津東-滋賀学園】被安打2で完封した滋賀学園の尾崎=大津市御陵町の皇子山球場で、小西雄介撮影

[PR]

 秋季近畿地区高校野球県大会(県高野連主催)は7日、大津市の皇子山球場で準々決勝3試合があり、4強が出そろった。今夏滋賀大会4強の近江兄弟社は延長十二回、高島を降した。滋賀学園、水口はともに先発投手が完封し、快勝した。

 8日に準決勝2試合が同球場であり、近江-滋賀学園(午前10時開始)、水口-近江兄弟社(午後0時半開始予定)が対戦。勝者が20日に神戸市内で開幕する近畿大会に出場する。【小西雄介】

 ▽準々決勝

  ○…皇子山球場…○

草津東

  000000000=0

  00100400×=5

滋賀学園

 (草)柴崎-土田

 (滋)尾崎-朝井

▽二塁打 中江(草)比嘉、金城、谷田、中野(滋)

 滋賀学園は1点リードの六回、2死三塁から中野の2点二塁打など6連打で4点を奪い試合を決めた。先発尾崎は二回以降は二塁を踏ませず、被安打2で完封。草津東は初回、先頭の中江が二塁打を放つも後続が断たれた。

水口  002002004=8

水口東 000000000=0

 (水)菅河-林佳

 (東)大橋、田代-延命

▽二塁打 田村、菅河(水)

 水口は4点リードの九回、2死満塁から橋本の2点適時打、菅河の2点二塁打で4点を加え、突き放した。菅河は要所を抑えて被安打3で完封。水口東は二、四回に1死満塁の好機を作るも、あと1本が出なかった。

近江兄弟社

  200001000001=4

  011001000000=3

高島

 (延長十二回)

 (近)菊地-杼木

 (高)古谷-門脇

▽二塁打 長谷川、馬場、武田(高)

 両校譲らず延長へ。近江兄弟社は十二回2死から杼木が左前打し、二盗。遠藤が左前適時打を放ち、勝ち越した。高島はその裏、死球と安打の走者が重盗し、1死二、三塁とサヨナラの好機を作ったが、及ばなかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです