メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

府大会 福知山成美VS京都国際 きょう決勝 /京都

【京都外大西-福知山成美】六回裏福知山成美2死満塁、佐藤の適時二塁打で一塁走者の神内(中央)も生還し、3点を勝ち越す=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、矢倉健次撮影

[PR]

 秋季府高校野球大会2次戦(府高野連など主催)は7日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)で準決勝2試合があった。福知山成美は粘り強い攻撃で京都外大西に逆転勝ち、京都国際は5点のビハインドをはね返して龍谷大平安を破り、決勝進出と秋季近畿地区大会(20日開幕、ほっともっとフィールド神戸)への出場を決めた。

 福知山成美-京都国際の決勝は同球場で8日正午開始予定。先だって午前9時半から京都外大西-龍谷大平安の3位決定戦があり、勝者は近畿大会出場権を得る。【矢倉健次】

 ▽準決勝

京都外大西

  002001020=5

  10010511×=9

福知山成美

 (京)上羽、東原、田辺-藤井

 (福)小橋-原

▽三塁打 原(福)

▽二塁打 井口、北川、吉田、山下(京)小橋、佐藤、人知、原(福)

 福知山成美は六回、敵失などで同点とした後、小橋の二塁打を四死球で2死満塁とし、佐藤、人知の連続適時二塁打で4点を勝ち越し。小橋が11安打を喫しながらも完投した。京都外大西は3失策がすべて失点に絡み、流れをつかめなかった。

龍谷大平安

  500000010=6

  15000001×=7

京都国際

 (龍)野沢、豊田-多田

 (京)酒井、生駒-谷口

▽二塁打 奥村、中島(龍)上野、谷口(京)

【龍谷大平安-京都国際】八回裏京都国際1死二塁、暴投で二塁走者の木村(右端)が一気に生還=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、矢倉健次撮影

 京都国際は八回、安打の木村が犠打で二進し、暴投で一気に生還して勝ち越し。六回途中から救援した生駒の好投で逃げ切った。龍谷大平安は一回、4安打などで5点を先制したが、投手陣が序盤で崩れ、八回に追いついたが粘れなかった。

〔京都版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです