メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

九州地区福岡大会 筑陽学園・九国大付、九州大会へ きょう決勝 /福岡

 第143回九州地区高校野球福岡県大会は7日、久留米市野球場で準決勝2試合があり、九国大付と筑陽学園が決勝進出を決めた。九国大付は八回に打者一巡の猛攻で小倉工に5-1で逆転勝ち。筑陽学園は主砲・江原佑哉主将(2年)の2三塁打など12安打を放ち、真颯館に8-1でコールド勝ちした。九国大付は2季連続23回目、筑陽学園は2季ぶり8回目の九州大会(20日開幕、熊本県)出場を決めた。福岡県大会決勝は8日午後1時半、福岡市の桧原運動公園野球場である。【宗岡敬介】

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文611文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです