メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
秋季近畿地区高校野球大会

出場3主将のひと言 福知山成美/京都国際/龍谷大平安 /京都

[PR]

 秋季近畿地区高校野球大会に府代表として出場する3校の主将に大会に向けての抱負を聞いた。

    守備鍛え失策なくす 福知山成美・岡田健吾主将

     センター返しの打撃を徹底して、つなぐ攻撃をしたい。府大会を通して決めたルールを全員が守れるようになった。近畿大会に向けては守備力をさらに鍛え、目に見えない失策をなくしたい。

    あきらめない野球を 京都国際・上野響平主将

     ベンチとスタンドが一体となって、最後まであきらめない野球をしたい。府大会決勝は好機で気負って、いつもの打撃ができない選手が多かったので、改善したい。正確なバントは持ち味だ。

    状況判断の甘さ改善 龍谷大平安・水谷祥平主将

     今夏の甲子園で2勝したチームに比べ力がないことはわかっているが、なんとか見返したい。甲子園経験者の自分と北村が軸になって、つながる打線にしたい。状況判断の甘さを改善する。

    〔京都版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

    2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

    3. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

    4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

    5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです