メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツナビでもっと見る
秋の高校野球

近畿・県予選 橿原と天理、近畿大会へ 監督・主将の話 /奈良

力出し切りたい 橿原・小林稔監督

 まずは近畿大会出場を目標に新チームをスタートしたので、選手たちがよく頑張ってくれた。決勝も変わらず、自分たちの力を出し切りたい。

    率直にうれしい 橿原・河下慎之介主将

     近畿大会出場が決まり、率直にうれしい。決勝はいつも通りチーム一丸となり、優勝して近畿大会に臨めるようにしたい。

    決勝は全力で 天理・中村良二監督

     ほっとしている。センバツにつながる次のチャンスが得られた。(県予選は)2位より1位で行く方がいい。決勝は気持ちを引き締め全力で挑む。

    近畿も元気良く 天理・北野樹主将

     内容を意識して練習してきた。まずは1位通過で近畿大会に行くことが大事。決勝に勝ち、いい形で元気良く近畿大会に臨みたい。

    毎日新聞のアカウント

    3月24日の試合

    話題の記事

    関連サイト