メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季東北地区高校野球大会

チーム紹介/中 /宮城

 (カッコ内は甲子園出場回数)

 ◆弘前東=青森準優勝(春0、夏0) 3年連続3回目

打線に厚み、好機着実に

 県大会は4試合で41安打10盗塁。好機を着実に広げて勝ち上がった。1番の主将・須藤は4割超の出塁率を誇り、決勝では3~5番を担った1年生が4打点を挙げるなど打線に厚みがある。東北大会は2016年の初出場から2年連続で初戦敗退だが、1年の秋から主戦で経験豊富な沢田を中心に、センバツ初出場を狙う。

 ◆花巻東=岩手準優勝(春3、夏9) 3年連続18回目

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1133文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  3. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです