メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

組み合わせ決定 16校出場

[PR]

 来春の選抜高校野球大会の出場校を選ぶ参考資料となる第143回九州地区高校野球大会の組み合わせが11日、決まった。大会は20~25日に熊本市のリブワーク藤崎台球場と熊本県八代市の県営八代野球場で開催され、各県上位2校の計16校が出場する。

     今夏の甲子園出場校は興南(沖縄)のみ。その興南を県大会決勝で破り、準決勝で沖縄尚学を相手に無安打無得点試合を達成した国吉吹投手を擁する沖縄水産に注目が集まる。北陵(佐賀)と熊本西は初出場。昨秋までは開催県が4校、他の7県から2校ずつの計18校が出場していたが、今秋から日程や公平性などを考慮して8県全て2校ずつとなった。

     また、第52回九州地区高校軟式野球大会の組み合わせも決まった。21~23日に熊本県山鹿市民球場で開催される。【吉見裕都】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

    2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

    3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

    4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

    5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです