メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季東北地区高校野球大会

秋田商初戦で敗退 きょう 秋田修英、横手登場 /秋田

[PR]

 第71回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞秋田支局など後援)は13日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で開幕し、1、2回戦計4試合を行った。県勢は第3代表の秋田商が専大北上(岩手第3)と対戦し、1-6で敗れた。

 14日は2回戦計6試合が行われる。県勢は秋田修英(第1)が大崎中央(宮城第3)と、横手(第2)が羽黒(山形第2)とそれぞれ対戦する。【高野裕士】

終盤投手陣崩れ

 <さきがけ八橋球場>

 ▽1回戦

秋田商

  000000100=1

  00011040×=6

専大北上

 (秋)板垣、長尾、京野、板垣、小林-佐藤翔

 (専)須藤-川村

▽三塁打 小野、佐藤(専)

▽二塁打 佐藤翔(秋)川村2、鈴木(専)

 専大北上は七回、川村の2点適時二塁打などで計4点を挙げ、突き放した。投げては先発・須藤が自責点1、四死球2で完投。秋田商は七回、暴投の間に1点を返したが、終盤に投手陣が崩れた。

「一笑懸命」戦う

 ○…開会式は午前9時、こまちスタジアムで始まり、出場18チームの選手たちが力強く入場行進した。選手宣誓では、秋田修英(秋田第1代表)の亀卦川(きけがわ)祥太主将(2年)が「全ての方々に感謝と感動を届け、今を全力で『一笑懸命』戦うことを誓います」。開会式後、亀卦川主将は「『一笑懸命』はグラブに刺しゅうしている言葉。負けていても決して下を向かない、という思いを込めた」と話した。


 ■白球譜

3安打でナイン鼓舞 秋田商2年・三浦大内野手

 2点を追う七回表、1死二塁。内角の直球を振り抜いた。「1点を取れば流れを変えられる」。そう思い、必死で球に食らいついた。右前打となり、二塁走者は三塁へ進塁。三走はその後、暴投で生還した。

 県大会では2番を務め、打率は3割5分7厘と好調だった。東北大会前、太田直監督は「下位打線から好機を作ってほしい」と考え8番へ。太田監督は「広角に打ち分けられる器用さがある」と語る。

 この日は左前、中前、右前に打ち分け、4打数3安打でチーム最多安打。「フライを打ち上げないよう気を付けた。それが安打につながった」と振り返った。

 チームは初戦で敗退した。「冬は下半身を鍛えて、低い姿勢のまま守備などができるようになりたい。どのチームも寄せつけないほど強くなりたい」。力強く再起を誓った。【高野裕士】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです