メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季東北地区高校野球大会

光星コールド勝ち 弘前東は延長惜敗 /青森

[PR]

 第71回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞秋田支局など後援)は14日、秋田市で2回戦計6試合が行われた。

     県勢の弘前東は延長十回の末、古川(宮城)に3-4でサヨナラ負けした。八戸学院光星は専大北上(岩手)に9-2の八回コールドで快勝。8強に駒を進めた。

     15日は準々決勝4試合が行われ、光星は羽黒(山形)と対戦する。【北山夏帆、滝沢一誠】

    初勝利ならず

     <さきがけ八橋球場>

     ▽2回戦

    弘前東

      0010010010=3

      1000100101=4

    古川(宮城)

     (延長十回)

     (弘)古川稜、佐々木、沢田-斎藤

     (古)千坂-高橋寛

    ▽三塁打 須藤2(弘)

    ▽二塁打 斎藤、沢田(弘)高橋寛(古)

     弘前東は1点を追う九回、二塁打で出塁した斎藤を沢田の適時打で還して同点とし延長戦に持ち込んだが、十回は3者凡退。その裏、八回から登板していた沢田が4四球の乱調で押し出しを許した。3度にわたって同点に追いつく接戦を展開したが、秋季東北大会初勝利はならなかった。古川はエース・千坂が9奪三振・与四死球2と安定した投球で完投した。

    投打かみ合う

     <こまちスタジアム>

     ▽2回戦

    八戸学院光星

      00321003=9

      00100001=2

    専大北上(岩手)

     (八回コールド)

     (八)下山、山田-太山

     (専)高橋、斎藤、柴田-川村

    ▽三塁打 島袋、太山(八)

    ▽二塁打 下山、近藤(八)

     投打がかみ合った八戸学院光星が好発進した。三回、島袋の先制適時三塁打などで3得点。続く四、五回は犠飛や盗塁で着実に得点を重ね、専大北上を突き放した。投げては公式戦初登板の下山が6回を投げて被安打5の1失点と健闘した。専大北上は3点を追う三回、四球で出塁の杉田を連続安打で還し、八回も1点を挙げたが及ばなかった。


     ■熱球録

    配球に手応え「今度こそ」 斎藤玲央捕手・弘前東(2年)

     秋の東北大会初勝利がかかったこの日の対古川戦。葛西徳一監督は大会前にこう語っていた。「勝負の鍵はバッテリーの配球」。正捕手として、その言葉の重さを痛感するのには理由があった。

     由利工(秋田)と対戦した昨秋の東北大会。エース・沢田とともに1年生バッテリーで先発出場。六回まで無失点だったが、七回に崩れて4-5で逆転負けした。初球のストライクを取りに行く球が狙われていたことに気付いていなかった。

     今夏は背番号2を外されたが、秋から再び正捕手に。昨秋の反省を生かし、この日は初球でボールを要求したり、追い込んでからの球を内外広く投げ分けさせたりと、的を絞られないよう工夫した。狙い通り配球は凡打を誘い、要所を締めた。

     内野手の失策などもあり接戦となったが、「1年前より配球に成長を感じた」と手応えは得た。それだけに最後の押し出しでの敗北は悔しさが残る。それでも「冬は守備から見直し、今度こそ競り勝てるチームになる」と、さらなる成長を誓った。【北山夏帆】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

    2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

    3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

    4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

    5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです