メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季北信越地区高校野球大会

準々決勝 星稜、コールドで4強 遊学館は競り負ける /石川

【松本第一-星稜】13奪三振で完封勝利した星稜の奥川=新潟県三条市の三条パール金属スタジアムで、井口彩撮影

 第139回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は14日、新潟市のハードオフエコスタジアムなど2球場で準々決勝4試合が行われた。東海大諏訪(長野3位)が日本文理(新潟1位)にサヨナラ勝ちし、星稜(石川1位)は松本第一(長野2位)に、上田西(長野1位)も福井工大福井(福井1位)にコールド勝ちした。啓新(福井3位)は1点差で遊学館(石川2位)を降し、それぞれ準決勝へと駒を進めた。

     準決勝は20日、同球場であり、東海大諏訪と星稜、上田西と啓新がそれぞれ対戦する。【北村秀徳】

     ▽準々決勝

     ○…三条パール金属スタジアム…○

    松本第一(長野2位)

      00000=0

      5114×=11

    星稜(石川1位)

     (五回コールド)

     (松)河野拓、平谷-林

     (星)奥川-山瀬

    ▽本塁打 有松(星)

    ▽二塁打 山本、東海林(星)

     星稜は初回、山本の右翼線2点適時二塁打などで一挙5得点。四回には有松が走者一掃の3点ランニング本塁打を放った。主戦奥川は13奪三振。二塁を踏ませず完封した。松本第一は1安打と打線が沈黙した。

     ○…新潟・ハードオフ…○

    遊学館(石川2位)

      010001000=2

      10001010×=3

    啓新(福井3位)

     (遊)布施、岡田、高田-橋場

     (啓)安積、浦松-穴水

    ▽三塁打 古川(啓)

    ▽二塁打 武田(遊)

     啓新は同点で迎えた五回、安積が三走古川をスクイズで還し1点リード。六回、同点に追いつかれたが七回、鈴木の内野安打で再びリードし、逃げ切った。遊学館は8安打と気を吐いたが打線がつながらなかった。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト