メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季北信越地区高校野球大会

準々決勝 啓新、接戦制す 工大福井は敗退 /福井

【啓新-遊学館】五回裏啓新1死三塁、安積がスクイズを決め、1点リード=新潟市のハードオフエコスタジアムで、北村秀徳撮影

[PR]

 第139回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は14日、新潟市のハードオフエコスタジアムなど2球場で準々決勝4試合が行われた。東海大諏訪(長野3位)が日本文理(新潟1位)にサヨナラ勝ちし、星稜(石川1位)は松本第一(長野2位)に、上田西(長野1位)も福井工大福井(福井1位)にコールド勝ちした。啓新(福井3位)は1点差で遊学館(石川2位)を降し、それぞれ準決勝へと駒を進めた。

 準決勝は20日、同球場であり、東海大諏訪と星稜、上田西と啓新がそれぞれ対戦する。【北村秀徳】

 ▽準々決勝

 ○…新潟・ハードオフ…○

遊学館(石川2位)

  010001000=2

  10001010×=3

啓新(福井3位)

 (遊)布施、岡田、高田-橋場

 (啓)安積、浦松-穴水

▽三塁打 古川(啓)

▽二塁打 武田(遊)

 啓新は同点で迎えた五回、安積が三走古川をスクイズで還し1点リード。六回、同点に追いつかれたが七回、鈴木の内野安打で再びリードし、逃げ切った。遊学館は8安打と気を吐いたが打線がつながらなかった。

 ○…三条パール金属スタジアム…○

福井工大福井(福井1位)

  0100000=1

  020060×=8

上田西(長野1位)

 (七回コールド)

 (福)高木、垣外中-大上

 (上)阿部-宮坂

▽本塁打 藤井(福)小林裕(上)

▽三塁打 奈良(上)

▽二塁打 住、山岸(福)小林裕、井出、奈良(上)

 上田西は1点リードで迎えた五回、小林裕の左越え3点本塁打などで打者一巡の猛攻。一挙6点を加え、突き放した。福井工大福井は二回、藤井の左越えソロ本塁打で先制したが、その後は打線がつながらなかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです