メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季近畿地区高校野球大会

組み合わせ決まる 大阪桐蔭、初戦は橿原 履正社は南部と対戦 /大阪

2018年の秋季近畿地区高校野球大会の組み合わせ

[PR]

 神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で20日に開幕する秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、兵庫県高野連主管)の組み合わせ抽選が16日、大阪市中央区の大阪府高野連事務局であり、6府県16校の対戦相手が決まった。

 大会結果は、来年3月に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の出場校を決める重要な参考資料となる。

 今年の出場校数は大阪、兵庫、京都、和歌山が各3、滋賀と奈良が各2。初戦で同府県同士の対戦を避けて抽選し、各校の主将がくじを引いた。今年春と夏の甲子園を制し、この大会では2年連続4回目の優勝を狙う大阪桐蔭(大阪2位)は初戦で橿原(奈良2位)と対戦。府大会で大阪桐蔭を破った履正社(大阪1位)は南部(和歌山3位)と戦う。

 試合は土・日曜日ごとにあり、決勝は11月4日正午から行われる予定。【望月靖祥】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです