メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
秋季近畿地区高校野球大会

組み合わせ決まる 大阪桐蔭、初戦は橿原 履正社は南部と対戦 /大阪

2018年の秋季近畿地区高校野球大会の組み合わせ

[PR]

 神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で20日に開幕する秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、兵庫県高野連主管)の組み合わせ抽選が16日、大阪市中央区の大阪府高野連事務局であり、6府県16校の対戦相手が決まった。

     大会結果は、来年3月に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の出場校を決める重要な参考資料となる。

     今年の出場校数は大阪、兵庫、京都、和歌山が各3、滋賀と奈良が各2。初戦で同府県同士の対戦を避けて抽選し、各校の主将がくじを引いた。今年春と夏の甲子園を制し、この大会では2年連続4回目の優勝を狙う大阪桐蔭(大阪2位)は初戦で橿原(奈良2位)と対戦。府大会で大阪桐蔭を破った履正社(大阪1位)は南部(和歌山3位)と戦う。

     試合は土・日曜日ごとにあり、決勝は11月4日正午から行われる予定。【望月靖祥】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

    2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

    3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

    4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

    5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです