メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

16校参加し開幕 熊本

[PR]

 来春の選抜高校野球大会の出場校を選ぶ参考資料となる第143回九州地区高校野球大会が20日、熊本市のリブワーク藤崎台球場と熊本県八代市の県営八代野球場で開幕した。九州・沖縄8県から各県2校ずつの計16校が参加して熱戦を繰り広げる。決勝は25日の予定。

     藤崎台球場であった開会式では、熊本国府の斎藤帆稀(ほまれ)主将(2年)が「豪雨被害や地震など全国で多くの方が苦しんでおられます。最後まで諦めず、勇気と感動を届けられるよう全力でプレーすることを誓います」と選手宣誓した。

     第52回九州地区高校軟式野球大会は21~23日、同県の山鹿市民球場で開催される。【吉見裕都】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

    2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

    3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

    4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

    5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです