メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季中国地区高校野球大会

出場の県勢4校紹介 倉敷商、投手層に厚み 関西、経験値高く /岡山

[PR]

 岡山4校の出場選手や秋季県大会での戦いぶりを紹介する。

     21年ぶりに秋季県大会で優勝した倉敷商は投手陣の層が厚い。全4試合に登板して防御率1・03をマークした左腕・木村をはじめ、左投げの安井や右投げの小原を擁し、4試合で計8失点に抑えた。打線も好調で、創志学園と対戦した準決勝では、好投手の西を相手に13安打し7得点を挙げた。注目は5番・田口。初戦で2ランを放つなど、勝負強さと長打力が光る。

     県大会準優勝の関西は、今夏の岡山大会でも活躍した栗原が、スライダーとフォークを武器にチームをけん引する。普段は遊撃手を務める白井は投打で魅せた。準々決勝の玉島商戦では本塁打と三塁打を放ち、準決勝の岡山理大付戦では4回を被安打1に抑える好投で勝利に貢献した。夏からレギュラーとして活躍している選手が多く、経験値も高い。

     3位通過となった今夏の岡山大会の覇者・創志学園。夏の甲子園で気迫の投球が話題となった西が新チームでも投打の柱だ。投げては全4試合で先発完投。打っては10安打と4番の役目をしっかりと果たした。チームには俊足の選手がそろい、金子や森田、横関らの足を絡めた攻撃にも期待できる。

     岡山理大付は、今夏の岡山大会を経験した岩本と金子を投手陣の中心に据える。中でも岩本は3試合に登板し、22奪三振を記録した。打線は準決勝の関西戦で3打点を挙げた3番・梶川と、2本の二塁打を放った4番・池ノ内の活躍が鍵となりそうだ。【戸田紗友莉】


    倉敷商

    投 小原拓也(2)

    捕◎岡田健吾(2)

    一 田口寛吉(2)

    二 原田将多(1)

    三 谷勇波(2)

    遊 川井琉吾(2)

    左 橋本光生(2)

    中 福島大輝(1)

    右 祢屋亮太(2)

    補 木村蒼(2)

    〃 安井康晟(2)

    〃 田村幸哉(1)

    〃 岡壮太郎(2)

    〃 福家悠太(1)

    〃 井上天翔(2)

    〃 福山竜之介(2)

    〃 畠木慎之介(2)

    〃 池上玄将(2)

    監 森光淳郎

    関西

    投 栗原大樹(2)

    捕 岩本皓多(2)

    一 熊丸遼(2)

    二 塩見睦斗(2)

    三◎片山朋哉(2)

    遊 白井裕斗(2)

    左 江浦真人(2)

    中 渡辺歩夢(2)

    右 石野昇吾(2)

    補 盛田慎平(2)

    〃 赤穂旺亮(2)

    〃 西川義将(2)

    〃 石田秀吾(2)

    〃 浜田心路(1)

    〃 恋田孝一朗(1)

    〃 森井亮太(2)

    〃 野津勇人(1)

    〃 景山翔平(2)

    監 浜田真吾

    創志学園

    投 西純矢(2)

    捕 横関隼(2)

    一 森末響(2)

    二 石本耕作(2)

    三 金子勝星(2)

    遊 森田貫佑(1)

    左 藤本翔太(2)

    中◎川畑透人(2)

    右 西上陽登(2)

    補 草加勝(2)

    〃 野田球太郎(1)

    〃 高見琉生(2)

    〃 上田翔太(2)

    〃 竹内翔汰(1)

    〃 冨田光哉(1)

    〃 有働隼豊(2)

    〃 山多竜斗(2)

    〃 中村伊吹(2)

    監 長沢宏行

    岡山理大付

    投 岩本龍之介(2)

    捕 入江晴斗(1)

    一 殿村賢人(2)

    二 土山翔生(1)

    三 西村英司(2)

    遊 吉川育真(2)

    左 梶川航之介(1)

    中 池ノ内篤志(2)

    右 三山亮(2)

    補 金子晃大(2)

    〃 渡辺泰志(2)

    〃 新開大平(2)

    〃◎坂口昇弥(2)

    〃 福本力(2)

    〃 山元滉太(2)

    〃 佐伯一晟(2)

    〃 三木恭太朗(2)

    〃 木下亨恭(2)

    監 早川宜広

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

    2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

    3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

    4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

    5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです