メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

作新、投手戦で及ばず 前橋育英に0-1 /栃木

[PR]

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は20日、甲府市の山日YBS球場で開幕した。県勢は作新学院が開幕戦で、前橋育英(群馬1位)と対戦し、投手戦の末に0-1で敗れた。21日は午前11時半から同球場で佐野日大が東農大三(埼玉2位)と対戦する。【李舜】

    4併殺が響く

     <山日YBS球場>

     ▽1回戦

    作新学院

      000000000=0

      00000100×=1

    前橋育英

     (作)林-立石

     (前)梶塚-須永

    ▽本塁打 剣持(前)

    ▽二塁打 松尾、大河内(作)須永、剣持(前)

     前橋育英は0-0で迎えた六回、剣持が本塁打を放ち先制。投げては梶塚が9回完封の好投で守りきった。作新学院は林が8回1失点と粘投したが、打線が4併殺に倒れ、散発7安打と援護できなかった。

     ■歓声を背に

    強力打線に真っ向勝負 作新学院・林勇成投手(2年)

     8回1失点と先発投手の役割を果たしたが、「チームを勝利に導くのがエースの役割だが、果たせなかった」とうなだれた。

     制球力と変化球のキレを併せ持つしなやかさが武器の右腕だが、この日は打者の左右に関係なく130キロ台中盤の直球で内角を攻め続ける強気な投球で強力打線と真っ向勝負。詰まった凡打の山を築きあげた。

     進化のきっかけは今夏の甲子園。優勝した大阪桐蔭(大阪)相手に1イニングを投げ自責点1だったが、内角はほぼ抑えきった。全国トップレベルの相手でも内角を有効に使えば互角に戦えると確信し、磨いてきた。

     それでも甘く入ったのが、両チーム無得点で迎えた六回。先頭の3番打者にすかさず右越え本塁打を浴び、決勝点を献上した。「制球ミス。失投だった」と悔しさをにじませた。

     「怪物・江川卓」や、2016年夏の甲子園優勝投手でプロ野球・西武の今井達也投手らが着けてきた伝統の背番号1を背負う。「内角を攻め続けられる制球力と、140キロを超える直球を常に投げられる力をつけたい。甲子園で勝つにはそれが必要だから」。目を少し赤く腫らしたエースは成長を誓った。【李舜】


    高校野球テレホンガイド

     0180・99・1506

     毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

    2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

    3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

    4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

    5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです