メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

前橋育英が初戦突破 エース完封、光る堅守 /群馬

[PR]

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は20日、甲府市の山日YBS球場で1回戦2試合があった。前橋育英(群馬1位)は作新学院(栃木2位)を1-0で降した。エースの梶塚が要所を締めて完封。4併殺を決め、持ち前の堅守が光った。21日は山日YBS球場で、桐生第一(群馬2位)が習志野(千葉2位)と対戦する。【菊池陽南子】

    六回先制本塁打

     <山日YBS球場>

     ▽1回戦

    作新学院

      000000000=0

      00000100×=1

    前橋育英

     前橋育英は0-0で迎えた六回、剣持が本塁打を放ち1点を挙げた。投げては梶塚が七回、打球が左ももを直撃するアクシデントもあったが、ボールを低めに集めて要所を締め、完封でリードを守りきった。

     作新学院は林が八回1失点と粘投したが、打線が4併殺と援護できなかった。

     ■白球譜

    冷静なリード、打撃も好調 前橋育英(1年)須永武志捕手

     七回、エース梶塚の左ももに打球が当たり、苦悶の表情でベンチに下がった。不測の事態に「正直焦りました」と振り返る。

     「投げやすい球を」と、マウンドに戻った梶塚に直球を求めたが、首を振られた。けがの影響で直球の球威は落ち、変化球の方が投げやすいと気づいて九回まで冷静なリードを続けた。

     1年ながらチームの要・捕手を務め、打撃でも五回に中前打、七回は左翼線二塁打と好調。それでも「相手投手に押し負けてしまった」と、結果におごらず、次の試合を見据えた。

     桐生市商で捕手だった兄、龍佑さん(20)は「真面目で研究熱心。試合の後は、必ずどこがだめか尋ねてくる」と語る。少し硬くなっていたが、「チームを盛り上げる気持ちで頑張れ」と、大会に送り出したという。

     「ピンチは、梶塚さんと相談しながら乗り越えていく」。関東大会での1勝に、自信を持った表情で答えた。【菊池陽南子】


    高校野球テレホンガイド

     0180・99・1506

     毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

    2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

    3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

    5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです