メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季東海地区高校野球大会

岐阜第一、延長制す 大垣日大は初戦敗退 /岐阜

[PR]

 来春のセンバツ出場校の選考資料となる第71回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は20日、三重県伊勢市のダイムスタジアム伊勢と津市営球場で開幕した。8年ぶり15回目の出場となった岐阜第一(岐阜3位)が延長戦の末、5-4で清水桜が丘(静岡2位)にサヨナラ勝ち。今夏に続く甲子園出場を目指した大垣日大(岐阜2位)は、津田学園(三重3位)に3-10で七回コールド負けした。21日は両球場で2回戦4試合があり、中京学院大中京(岐阜1位)が登場する。【横田伸治、谷口豪】

    主導権を奪えず

     <津市営球場>

     ▽1回戦

    大垣日大

      0030000=3

      1131031=10

    津田学園

     (七回コールド)

     津田学園は1点を追う三回裏、小林の適時打で同点とし、さらに相手の失策と渡辺の適時打で2点を加えた。その後も四回に前川が本塁打を放つなど着実に加点し、突き放した。大垣日大は継投した6投手が計16安打され、試合の主導権を奪えなかった。

    九回に追いつく

     <ダイムスタジアム伊勢>

     ▽1回戦

    清水桜が丘

      10020000100=4

      00000110201=5

    岐阜第一

     (延長十一回)

     岐阜第一は2点を追う九回、四球と暴投で無死二塁として山本の三塁打で1点差とし、副島の犠飛で追いついた。延長十一回は敵失と暴投で無死二塁とし、大橋の適時打でサヨナラ勝ち。清水桜が丘は初回に無安打で先制し、効率よく得点を重ねたが、終盤に守備が乱れた。


     ■熱球譜

    仲間のため投打で活躍 岐阜第一2年 高倉明健投手

     背番号1の主将が、仲間のために投打で活躍し、劇的なサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

     「堀のために打って、野村のために投げた」。堀壱成選手(2年)は県大会3位決定戦で4番を打ち5打点を挙げたが、東海大会開幕2日前に左足首を骨折して離脱。その試合で1失点完投した野村崚馬投手(同)は、この日先発したが四回途中で降板し、自分が救援した。

     試合前日、堀選手から「俺のバットを使ってくれ」と渡された。「俺たちが頑張ってくるから、安心してくれ」と言葉を返した。「長打でチャンスを作ってみせる」と先頭打者だった六回は、三塁打を放ちチーム初得点のホームを踏んだ。

     野村投手との交代時、「マウンドから打席までの傾斜が少ない。球が浮くかも」と助言され、球を低めに集めることを意識した。カーブで緩急を付け、スライダーで打ち取る投球で五回以降8奪三振1失点に抑え、反撃の機を待った。

     今夏の岐阜大会準決勝で逆転負けした悔しさをかみしめてきた。金足農(秋田)の吉田輝星投手(3年)を目標に、下半身を使って低めに投げ込むフォームを身につけた。「自分が活躍しないと。一応、エースでキャプテンなので」と笑顔で話した。【横田伸治】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    3. バルーンフェスタ概要発表 カラフル気球、123機参加 第40回記念大会 来月31日~11月4日 /佐賀

    4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

    5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです