メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季東海地区高校野球大会

清水桜が丘、延長で惜敗 静岡も1回戦敗退 /静岡

[PR]

 第71回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)が20日開幕し、三重県の津市営球場とダイムスタジアム伊勢で1回戦4試合が行われた。県勢は、静岡が中京大中京(愛知2位)に2-11で七回コールドで敗退。清水桜が丘は、岐阜第一(岐阜3位)に延長戦で4-5でサヨナラ負けした。21日は両球場で2回戦4試合があり、御殿場西は津市営球場で津田学園(三重3位)と対戦する。【高場悠】

    反撃も及ばず

     ▽1回戦

     <津市営球場>

    中京大中京

      3100403=11

      0000200=2

    静岡

     (七回コールド)

     中京大中京は一回、2死一、二塁とすると、印出の適時打や中山の適時二塁打で3点を挙げた。五回には尾崎の適時二塁打などで4点を加え、試合を決めた。静岡は、五回に鈴木陸の適時二塁打などで2点を返すも及ばなかった。

    終盤に守備乱れ

     ▽1回戦

     <ダイムスタジアム伊勢>

    清水桜が丘 10020000100=4

    岐阜第一  00000110201=5

     (延長十一回)

     岐阜第一は2点を追う九回、四球と暴投で無死二塁として山本の三塁打で1点差とし、副島の犠飛で追いついた。延長十一回は敵失と暴投で無死二塁とし、大橋の適時打でサヨナラ勝ち。清水桜が丘は初回に無安打で先制し、効率よく得点を重ねたが、終盤に守備が乱れた。


     ■青空

    来年は投球の質上げる 静岡2年・斉藤颯斗(はやと)投手

     「3年連続センバツ出場がかかっている大会。初戦は必ず勝つ」。地区大会以来のエース番号「1」を背負って臨んだ。「調子は悪くなかった」というが、五回途中4失点でマウンドを後にした。「相手の力が上だった。応援してくれた人たちに申し訳ない」と涙を見せた。

     相手は長打力のある強豪校。自信のあった直球をはじき返され、相手打線の力強さを思い知らされた。変化球も「低めを狙ったが、(コースを外れると)普通に見逃された」と振り返る。栗林俊輔監督も「調子が悪いわけではなかったが、それ以上に相手打線が素晴らしかった」と話す。4番に座った夏目武尚一塁手(2年)は「腕はしっかり振れていた。自分たちが打てなかっただけ」とエースを思いやった。

     苦しんだ試合だったが「収穫もあった」と話す。この試合では継続的に130キロ超の球速をマーク。三、四回は打たせて取る投球で無失点に抑え「自信につながった」。

     来年に向けて目標もはっきりした。「投球の質を上げ、体力を付けて九回を投げきれるようにしたい。次は145(キロ)は出したい。変化球も磨いていく」【高場悠】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

    2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

    3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

    4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです