メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季東海地区高校野球大会

開幕 津田学園コールド勝ち 三重も接戦制し2回戦へ /三重

[PR]

 第71回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)が20日開幕し、津市営球場とダイムスタジアム伊勢で1回戦4試合が行われた。県勢の津田学園(三重3位)は大垣日大(岐阜2位)に10-3でコールド勝ちした。三重(三重2位)も中部大春日丘(愛知3位)に2-1で競り勝ち、ともに2回戦に進んだ。21日は2回戦4試合が行われ、県勢は津市営球場で菰野(三重1位)が中京大中京(愛知2位)との初戦に臨み、津田学園は御殿場西(静岡1位)と対戦。ダイムスタジアム伊勢では三重が中京学院大中京(岐阜1位)と戦う。【谷口豪】

    16安打の猛攻

     <津市営球場>

     ▽1回戦

    大垣日大 0030000=3

    津田学園 1131031=10

     (七回コールド)

     津田学園は1点を追う三回裏、小林の適時打で同点とし、さらに相手の失策と渡辺の適時打で2点を加えた。その後も四回に前川が本塁打を放つなど着実に加点し、突き放した。大垣日大は継投した6投手が計16安打され、試合の主導権を奪えなかった。

    先制点守りきる

     <ダイムスタジアム伊勢>

     ▽1回戦

    中部大春日丘

      000000100=1

      00200000×=2

    三重

     三重が接戦を制した。三回、2死から小川が敵失で出塁し、続く土井の左越え2点本塁打で先制した。エース山下は4安打1失点で完投した。中部大春日丘は七回、泉や網代の安打などから内野ゴロの間に1点を返したが届かなかった。


     ■熱球譜

    練習実り会心の一打 小林世直選手 津田学園1年

     逆転され1点を追う展開となった直後に巡ってきた三回裏2死一、三塁の好機。「絶対に点を返す」と念じて振ったバットは、直球を捉え、同点に追いつく右前打となった。思わずガッツポーズが出た。

     逆転を許したきっかけは自身の失策だった。大舞台に緊張で足が動かなかった。それでも「津田学園は楽しいチームなんだ。落ち込まず、前を向け」と笑顔で励ましてくれたベンチの仲間たちに報いる会心の一打だった。

     地区予選ではけがをした先輩に代わって出場したが、先輩が復帰した県大会では3位決定戦まで出場機会がなく、悔しい思いをした。「東海大会では代わりではなく絶対に実力で出てやる」と言い聞かせてきた。

     打席では「長打よりも、ランナーを進めることを考えている」と言う。スイングをコンパクトにすることを意識して、素振りやバッティング練習を続けた。

     その成果が表れ、この日は4打数4安打4打点の活躍。佐川竜朗監督は「打線をつなげてくれる。1年生ながら周囲への気配りもできる。高校野球を体現したような選手」と評価する。

     同じ失敗はしない。次戦に向け、「エラーをしないよう、相手の打球に反応する最初の一歩を大切にしたい」と意気込んだ。【谷口豪】

    〔三重版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

    2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

    3. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

    4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    5. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです