メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季近畿地区高校野球大会

龍谷大平安、天理降す /京都

【天理-龍谷大平安】1回裏平安1死一、二塁、水谷の中越え三塁打で一塁から多田が生還し、2点先制=神戸市のほっともっとフィールド神戸で、黒詰拓也撮影

[PR]

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、兵庫県高野連主管)は20日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で開幕。1回戦3試合が行われ、勝った3校は準々決勝に進んだ。第1試合は龍谷大平安(京都3位)が序盤に主導権を握り、天理(奈良1位)の追い上げを継投でかわした。第2試合は市和歌山(和歌山2位)が17安打で8点を挙げ、近江兄弟社(滋賀2位)に逆転勝ち。第3試合は履正社(大阪1位)が池田凛二塁手(1年)の3ランや井上広大右翼手(2年)の満塁弾などで南部(和歌山3位)に七回コールド勝ちした。

 大会第2日の21日は午前9時から福知山成美(京都1位)-神戸国際大付(兵庫2位)▽午前11時半から近江(滋賀1位)-報徳学園(兵庫3位)▽午後2時から明石商(兵庫1位)-京都国際(京都2位)--の1回戦3試合が行われる。【黒詰拓也、望月靖祥】

 ▽1回戦

天理

  000010002=3

  20010100×=4

龍谷大平安

 (天)桂田-北野

 (龍)豊田、野澤-多田

▽本塁打 川端(天)

▽三塁打 水谷(龍)

▽二塁打 北村、半保、中島(龍)

 龍谷大平安は一回、北村、多田の連打で1死一、二塁とし、水谷の中越え三塁打で2点を先制。四、六回にも加点し、豊田、野澤の継投で逃げ切った。天理は九回、川端の2ランで追い上げ、なおも2死から同点の走者を出したが、最後の打者が内野フライに倒れた。

市和歌山

  011410001=8

  120000100=4

近江兄弟社

 (市)岩本-米田

 (近)菊地-杼木

▽二塁打 米田、緒方(市)横井2、杼木、小森大(近)

履正社 0190010=11

南部  0200000=2

 (七回コールド)

 (履)清水-野口

 (南)鎌倉海、三木-鎌倉航

▽本塁打 池田、井上(履)

▽三塁打 奈良(南)

▽二塁打 野口、大西、池田(履)

〔京都版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです