メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

九国大付、初戦敗退 宮崎・日章学園に5-7 /福岡

[PR]

 第143回九州地区高校野球大会は20日、熊本県八代市の県営八代球場などで1回戦4試合があった。県勢の九国大付は初戦で日章学園(宮崎)と対戦し、5-7で競り負けた。筑陽学園は21日に小林西(宮崎)と対戦する。【宗岡敬介】

    後半粘り届かず

     ▽1回戦

    九国大付

      020020010=5

      24000010×=7

    日章学園

     (九)下村-斉藤

     (日)寺原、石嶋-深草

    ▽本塁打 柄谷(九)

    ▽三塁打 森永(日)

    ▽二塁打 中川壱、斉藤(九)平野、石嶋(日)

     日章学園が11安打を放ち乱打戦を制した。一回に石嶋留依選手(2年)の右前打で早々と2点を先制。二回には2死から4連打で一挙4点を加え、試合の主導権をつかんだ。

     九国大付は二回、石田渉人選手(1年)の犠飛などで2点を返し一時同点。八回には柄谷一輝選手(2年)が本塁打を放ち粘るも、3併殺が響いた。

    〔福岡都市圏版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

    2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

    3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

    4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

    5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです