メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

長崎商、2回戦へ /長崎

[PR]

 第143回九州地区高野球大会は20日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場などで1回戦4試合があった。県勢の長崎商は沖縄水産(沖縄)を8-4で降して2回戦進出を決めた。21日は長崎南山が大分(大分)と対戦する。【清水晃平】

     ▽1回戦(リブワーク藤崎台)

    沖縄水産

      003001000=4

      05102000×=8

    長崎商

     (沖)上原一、国吉-金良

     (長)桝屋-谷口

    ▽三塁打 川端(沖)岸本、谷口(長)

    ▽二塁打 真栄城、三木(沖)谷口(長)

     長崎商は二回、四球に単打を絡めた1死満塁の好機で、井上巧巳選手(2年)が「絶対に点がほしかった」とバントの構えで内野安打を決めて2点先制。3点先行の五回には谷口大也選手(2年)の2点適時打で突き放した。沖縄水産は5点を追う三回に4安打を集めて反撃するも、その後は攻めきれずに13残塁と拙攻が響いた。

    〔長崎版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    2. 「車が水没してる」110番 男女3人死亡、80代母と50代子ども2人か 広島

    3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    4. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

    5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです