メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

明豊、逆転で2回戦へ /大分

[PR]

 第143回九州地区高校野球大会は20日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場などで1回戦4試合があった。県勢の明豊は鹿屋中央(鹿児島)を7-3で降して2回戦進出を決めた。21日は大分が長崎南山(長崎)と対戦する。【清水晃平】

 ▽1回戦

明豊

  001000420=7

  002100000=3

鹿屋中央

 (明)若杉、大畑-成田

 (鹿)石川、福地-新有留

▽三塁打 宮川(明)山本(鹿)

▽二塁打 山田、成田(明)

宮川選手4安打

 明豊は2点を追う七回、1点返して続く二、三塁の好機で宮川雄基選手(1年)の右前適時打と敵失で逆転。宮川選手は「リラックスして打てた」と八回にも適時三塁打を放つなど4安打の活躍。五回途中から救援した大畑蓮投手(2年)は被安打1で零封した。鹿屋中央は三回、1点を先制された直後に3安打を集めて一時は逆転したが終盤に力尽きた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです