メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

桐生第一、延長で惜敗 十四回タイブレークの末 /群馬

[PR]

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は21日、甲府市の山日YBS球場で1回戦3試合を行った。桐生第一(群馬2位)は、習志野(千葉2位)と対戦。延長十四回、今大会初のタイブレークの末、惜敗した。桐生第一は5併殺を奪う好守で健闘したが、習志野の継投策の前に好機で一本が出なかった。22日は、山日YBS球場で前橋育英(群馬1位)が、4強入りを懸けて山梨学院(山梨2位)と対戦する。【菊池陽南子】

    好機に一本出ず

     <山日YBS球場>

     ▽1回戦

    習志野  00100000000002=3

    桐生第一 01000000000000=1

     (延長十四回)

     習志野は1点を追う三回、先頭の竹縄が右前打で出塁。犠打で二塁に進み、根本の中前打で同点とした。タイブレークの延長十四回1死一、二塁から、角田の左越え二塁打で2点を入れ、試合を決めた。投げては2番手・飯塚が8奪三振の好投。桐生第一は二回、久保田の左越え本塁打で先制したが、好機にあと一本が出なかった。


     ■白球譜

    エースこん身120球超 桐生第一(2年)杉山直杜投手

     「気持ちで押していくしかない」。五回無死1塁、背番号1は2番手としてマウンドに上がった。試合は延長十四回にもつれこみ、球数は120球を超えた。時に雄たけびを上げながらこん身の投球で、十二回まで被安打4、無失点。タイブレークに入った十三回も安打を許さなかった。

     しかし十四回。1死を取った後、外角を狙ったスライダーが内側に甘く入り、左越えに運ばれる。走者2人を還される痛恨の二塁打。その裏、チームは差を縮められず、試合は終わった。

     とらえられ、試合を決められたスライダー。それはこの日のために投げ込んできた球だった。関東大会出場が決まり、グラウンドを訪れた先輩から新しい投げ方を教わった。「キレもコントロールも、この投げ方の方がいい」。以前からの決め球に、さらに磨きが掛かる。「好成績を挙げてセンバツに行く」。自信を秘めて臨んだ大会だった。

     試合後、右手を広げると中指が紫色に腫れていた。直球を投げる際、爪が食い込んでいた。球数を重ねて落ちた握力と中指の腫れ。十四回、微妙な制球が利かなくなっていた。

     「大事な場面で打たれてしまった」。うつむいたエースだが、その称号にふさわしい奮闘だった。【菊池陽南子】


    高校野球テレホンガイド

     0180・99・1506

     毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

    2. 千葉停電1週間なお7万戸 住宅被害3600棟超、全容つかめず 17日は暑さ注意

    3. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

    4. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

    5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです