メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

東農大三、逆転負け 九回、1点差守れず /埼玉

[PR]

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は21日、甲府市の山日YBS球場で1回戦3試合が行われた。20年ぶりの関東大会出場を果たした県勢の東農大三は、佐野日大(栃木1位)に2-5で逆転負けした。残る県勢の春日部共栄は22日に藤代(茨城2位)と対戦する。【畠山嵩】

     <山日YBS球場>

     ▽1回戦

    佐野日大

      010000004=5

      001001000=2

    東農大三

     東農大三は1点リードで迎えた九回、2番手の飯島が佐野日大の2番・佐藤に2点適時打を浴びるなど一挙4点を奪われ逆転を許した。その裏、東農大三の4番・井口が右前打で粘りを見せたが後が続かず、力尽きた。

    習志野  00100000000002=3

    桐生第一 01000000000000=1

     (延長十四回、十三回からタイブレーク)

    常総学院

      000000500=5

      010001005=7

    桐蔭学園


     ■熱球譜

    復活誓い「最後まで平常心」 東農大三2年・飯島一徹投手

     九回表、この回を守り抜けば待望の関東大会1勝を挙げる場面でマウンドに上がった。先発・井口から「ごめんな」と声をかけられると「大丈夫。しっかりバッターを抑える」と力強く応じた。

     高広聖也監督が「チームの二枚看板」と信頼を寄せる井口と二人三脚でチームを引っ張ってきた。新チームではエースとして背番号「1」を背負ってきたが、背中の痛みで県大会から調子が上がらなかった。代わりにマウンドを守ってくれたのが、井口だった。

     チーム、そして井口のためにも1点差を守る。強い気持ちでマウンドに立ったが「佐野日大相手に勝ちが見え少し力んだ」。1死二、三塁のピンチを招き、内角に投じた直球を相手打者に中前に運ばれ、勝ち星を逃した。

     「負けてしまえば『良い投手』ではない」。エースの投球ができないふがいなさに悔しさが募った。「平常心で最終回も投げ切れる投手になって、甲子園を目指す」。強豪相手の惜敗を糧に復活を誓う。【畠山嵩】


    高校野球テレホンガイド

     0180・99・1506

     毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

    2. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

    3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

    5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです