メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

桐蔭が初戦突破 逆転サヨナラ満塁弾 /神奈川

[PR]

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は21日、甲府市の山日YBS球場で1回戦3試合があった。習志野(千葉2位)が延長十四回タイブレークの末に桐生第一(群馬2位)を3-1で破った。佐野日大(栃木1位)は東農大三(埼玉2位)に5-2で逆転勝ち。桐蔭学園(神奈川2位)は逆転サヨナラ満塁弾で、常総学院(茨城1位)を7-5で降した。

     22日は同球場で1回戦2試合と準々決勝1試合が行われる予定。【洪〓香、金子昇太】

    森が殊勲打

     <山日YBS球場>

     ▽1回戦

    常総学院

      000000500=5

      010001005=7

    桐蔭学園

     (常)岡田、菊地竜、中妻、和田-菊地壮

     (桐)伊礼、山崎-清水

    ▽本塁打 大高(常)、森(桐)

    ▽三塁打 斉藤(常)

    ▽二塁打 菊地壮(常)、川久保(桐)

     桐蔭学園は3点を追う九回、山崎の安打などで1点を返し、なお2死満塁、森が右翼越えの本塁打を放ち、逆転サヨナラ勝ちした。常総学院は七回、大高の3点本塁打で一時は逆転するも、最後に涙をのんだ。


    「人生で1本」かみしめ 森敬斗主将・桐蔭学園(2年)

     九回裏2死満塁で打席が回ってきた。「絶対に負けない」。そう思い振り抜いたバットがたたいた白球は右翼フェンスを飛びこえた。人生初の満塁本塁打が、逆転勝利を導いた。笑みを浮かべるでもなく、淡々とした表情で本塁にゆっくりと生還。試合後、「人生で1本しか打てないかもしれないから、かみしめたかった」と振り返った。

     相手は、今大会優勝候補と目されていた茨城・常総学院。六回まで2点をリードするも、七回表に一挙5点を奪われ一時逆転を許した。大会の抽選日、相手校を知った際、「練習試合では一度も勝てていない」と思わず本音が出た。すかさず県大会の決勝戦で横浜の猛攻を浴びた記憶がよぎった。自分たちにはもっと厳しい練習が必要で、大会初戦まで、チームを精神的に強くしなければいけないと、危機感を抱いた。

     「負けないぞ」。熱い気持ちが結果につながった。次の試合に向け「センバツ行きを目標にするより、まず目の前の相手に勝つことだけを考えている」と語った。【洪〓香】


    高校野球テレホンガイド

     0180・99・1506

     毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

    2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

    3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

    4. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

    5. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです