メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季北信越地区高校野球大会

啓新、逆転で決勝へ 七回一挙4点、上田西降す 星稜ときょう北陸勢対決 /福井

【上田西-啓新】七回裏啓新無死二、三塁、浦松の打球が跳ね、中前適時打となり2点を返す=新潟市のハードオフエコスタジアムで、北村秀徳撮影

[PR]

 第139回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は21日、新潟市のハードオフエコスタジアムで準決勝があり、県代表の啓新は、上田西(長野1位)に逆転勝ちした。準決勝の別の1試合は、星稜(石川1位)が東海大諏訪(長野3位)に快勝。北陸勢対決になった22日の決勝は、午前10時から同球場で行われる。

     今大会の成績は、来春の選抜高校野球大会出場校選考の重要な資料になる。北信越地区からは2校が出場する。【岩壁峻、北村秀徳】

     ▽準決勝

     ○…新潟・ハードオフ…○

    上田西

      001002000=3

      00000040×=4

    啓新

     啓新は3点を追う七回、浦松の中前適時打で2点を返すと、敵失で三走・古川と二走・幸鉢が生還し一挙4得点。逆転を決め、逃げ切った。上田西は三、六回と打線をつなげ中盤までリードしたが、七回の失策が響いた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

    2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

    3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

    4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

    5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです