メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季東海地区高校野球大会

中京院中京、準決勝へ 岐阜第一、健闘及ばず /岐阜

[PR]

 来春のセンバツ出場校の選考資料となる第71回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は21日、三重県伊勢市のダイムスタジアム伊勢と津市営球場で2回戦4試合があった。2回戦から登場の中京学院大中京(岐阜1位)は三重(三重2位)に7-0で七回コールド勝ち。昨年大会に続くコールド発進となった。岐阜第一(岐阜3位)は東邦(愛知1位)に0-7で七回コールド負けした。準決勝は27日、四日市市営霞ケ浦球場であり、中京学院大中京は東邦と対戦する。【横田伸治、高井瞳】

    好機を逃さず

     <ダイムスタジアム伊勢>

     ▽2回戦

    三重

      0000000=0

      0030031=7

    中京学院大中京

     (七回コールド)

     中京学院大中京は三回、四球で無死一、二塁として、増田、藤田の連続適時二塁打で3点を先制。六回にも井上、高畠の連打で3点を追加。好機を逃さず攻め勝った。投げてはエース不後が7回無失点9奪三振と好投した。三重は打線が3安打と沈黙し、流れをつかめなかった。

    あと一本出ず

     ▽同

    東邦

      0024010=7

      0000000=0

    岐阜第一

     (七回コールド)

     東邦が投打で圧倒した。三回、石川、熊田の連続適時打で2点を先制。四回には石川の満塁本塁打で突き放した。投げては植田が6回被安打1の好投を見せた。岐阜第一は四回、山本が二塁打を放ち好機を作ったが、あと一本が出なかった。


     ■熱球譜

    代打で公式戦初安打 中京院中京1年・金城翔遠(とわ)投手

     6点リードの七回2死一、二塁に代打で出場。高めの直球を右越えの適時二塁打として、コールド勝ちを決めた。今大会で初めて背番号をもらい、この日が公式戦初打席だった。

     「緊張して何も考えられない状態だった」と照れ笑いするが、橋本哲也監督は「あいつは何か持ってるんだね」と満足そうに目を細める。直近の練習試合3試合で4安打を放っており、この日も監督の起用に応えた。自分を含めて3人の1年選手がベンチ入り。だが元謙太、瀧野真仁の両選手はスタメン出場で、ベンチの自分は「もどかしかった」。

     いざ、橋本監督から「初球から振ってこい」と代打起用を告げられると、緊張で頭が真っ白になった。落ち着くため、バッターボックスへ向かう間、笑顔を作り続けた。打席では、「上体ではなく、下半身で引きつけてから打て」というアドバイスを思い出した。2球目のスライダーをイメージ通りに振ると、強烈な当たりのファウルに。手応えを感じ、次の球を見事に捉えて試合を決めた。

     沖縄県出身で、「人見知りを治すため、知らない土地へ行きたい」と中京学院大中京に入学。ウエートトレーニングに励み、、毎晩米を1キロ食べてきた。「とにかく全力でやって、メンバーに定着したいです」と、はにかみながら、さらなる成長を誓った。【横田伸治】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

    2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

    3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

    5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです