メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季東海地区高校野球大会

2回戦 東邦がコールド勝ち 中京大中京、接戦制す /愛知

[PR]

 第71回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は21日、三重県内の2球場で2回戦4試合が行われた。県勢は東邦(愛知1位)が岐阜第一(岐阜3位)にコールド勝ちし、中京大中京(愛知2位)は1点差の接戦で菰野(三重1位)を降した。県勢2チームは27日に四日市市営霞ケ浦球場で行われる準決勝に進み、東邦は中京学院大中京(岐阜1位)と、中京大中京は津田学園(三重3位)とそれぞれ対戦する。【高井瞳】

    投打かみ合う

     <ダイムスタジアム伊勢>

     ▽2回戦

    東邦(愛知1位)

      0024010=7

      0000000=0

    岐阜第一(岐阜3位)

     (七回コールド)

     東邦が投打で圧倒した。三回、石川、熊田の連続適時打で2点を先制。四回には石川の満塁本塁打で突き放した。投げては植田が6回被安打1の好投を見せた。岐阜第一は四回、山本が二塁打を放ち好機を作ったが、あと1本が出なかった。

    劇的サヨナラ

     <津市営球場>

     ▽2回戦

    菰野(三重1位)

      000021000=3

      000300001=4

    中京大中京(愛知2位)

     互いに守備の乱れが目立つ試合を中京大中京が制した。中京大中京は四回、4安打を集めて3点を先制。一時は同点に追いつかれたが九回2死二塁から関岡が中前適時打を放ち、サヨナラ勝ちした。菰野はエース岡林の制球が定まらず、6四球、2暴投と乱調。守備も4失策と精彩を欠いた。


     ■熱球譜

    武器は新しいフォーム 東邦(2年)植田結喜投手

     この日、先発を任されると、今までの不調を感じさせない堂々の投球で6回を被安打1、無失点に抑えた。

     武器となったのは、新しいフォームだ。ボールを手放す位置を高くすることで、球に角度が付いてキレのある変化球を投げられるようになった。

     新チームとなり、秋の大会が近づくにつれ、思うような投球ができなくなった。手が下へと下がり、単調な球しか投げられない。練習試合では、三振が取れず、長打を打たれることが増え、自信を無くしていった。「このままじゃだめだ」とフォームの調整を始めたものの、エースナンバーを付けて臨んだ県大会での出場は1度きりだった。

     試合でマウンドに立てないもどかしさをこらえながら、練習に打ち込んだ。キャッチボールでは、ボールを手放す位置や球の回転を意識し、次第に新しいフォームになじんでいった。

     そして臨んだ東海大会初戦。背番号は11となったものの、堂々の投球でチームの勝利に貢献した。「課題は残るけれど、満足のいく投球ができて自信になった」と笑顔をのぞかせた。【高井瞳】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

    3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

    4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

    5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです