メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季近畿地区高校野球大会

近江、初戦で敗退 成長見えるも、報徳学園に2-5 /滋賀

【近江-報徳学園】三回表近江2死一、二塁、土田が右前適時打を放ち、一時は逆転=神戸市須磨区のほっともっとフィールドで、諸隈美紗稀撮影

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、兵庫県高野連主管)は21日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で1回戦3試合を行い、第2試合に登場した近江(滋賀1位)は報徳学園(兵庫3位)に2-5で敗れた。夏の甲子園でベスト8入りを果たしたメンバーが主軸を担い、エース左腕の林優樹投手(2年)は自己最速の136キロを記録するなど成長の跡を見せたが、2年連続の初戦突破は果たせなかった。【諸隈美紗稀、望月靖祥】

     ▽1回戦

    近江

      002000000=2

      01001021×=5

    報徳学園

     (近)林-有馬

     (報)林-西井

    ▽本塁打 浦上(報)

    ▽三塁打 板坂(近)

    ▽二塁打 西井(報)

     報徳学園は同点の七回、西井の右越え二塁打とバント、赤崎の中犠飛で勝ち越すと、浦上の左越えソロでリードを広げ、八回にも中井の適時打で加点した。近江は三回に土田の適時打などで一時リードしたが、その後は相手先発の林に要所を抑えられた。

    長打力アップを

     ○…近江が三回、同点に追いつき、なおも2死一、二塁の場面で打席が回ってきたのは、1年生で唯一、夏の甲子園を経験した3番の土田龍空選手(1年)。真っすぐを右前に打ち返し、逆転に導いた。3年生が引退し、自分がチームを引っ張っていこうと心に決めていた。「今日は負けられない」と気合を入れて臨んだ近畿大会初戦だったが、相手投手を捉えきれず、自身は1安打にとどまった。遊撃の守備でも抜群のセンスを発揮し、将来のプロ入りを目標に置く。冬の間に長打力アップに取り組み、全国に通用する選手になることを誓った。

    神戸国際大付

      000001003=4

      40010000×=5

    福知山成美

     (神)松本、鍵-鈴木、松尾

     (福)小橋-原

    ▽二塁打 柴野(神)井戸、岡田、人知(福)

     福知山成美は一回、佐藤、人知の連打とバントで1死二、三塁とし、原の中前打で2点を先制。さらに井戸、岡田の連続二塁打で計4点を挙げて主導権を握った。神戸国際大付は九回に代打・玉城、松浦の連続適時打などで1点差としたが、反撃もそこまでだった。

    明石商

      002000040=6

      201010000=4

    京都国際

     (明)中森、宮口-水上

     (京)酒井、生駒-谷口

    ▽三塁打 中村2(京)

    ▽二塁打 来田、河野(明)早3、福岡(京)

     明石商は2点を追う八回、1死一、三塁から宮口のスクイズ野選で、まず1点。さらに2死一、二塁から水上が左前打を放ち、敵失の間に水上を含む3人が還って逆転した。京都国際は九回に1死から同点の走者を出したが、後続を断たれた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト