メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季近畿地区高校野球大会

明石商、粘り勝ち 報徳学園も8強入り 監督の話 /兵庫

落ち着いていた 明石商・狭間善徳監督

 よく粘った。チームも落ち着いていた。負け試合になる展開をひっくり返せたのは大きい。

    理想的な加点 報徳学園・大角健二監督

     途中から強い打撃を心がけ、理想的に点を重ねられた。打者それぞれの役割を果たせるようにしたい。

    〔神戸版〕

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト