メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

筑陽学園サヨナラ勝ち /福岡

 第143回九州地区高校野球大会は21日、熊本県八代市の県営八代球場などで1回戦4試合があった。県勢の筑陽学園は初戦で小林西(宮崎)と対戦し、1-0で九回サヨナラ勝ちした。筑陽学園は22日、興南(沖縄)と対戦する。【宗岡敬介】

    3人継投で零封

     ▽1回戦

    小林西

      000000000=0

      000000001=1

    筑陽学園

     (小)鶴田-高橋

     (筑)西、菅井、西館-進藤

    ▽二塁打 平野匠(小)

     筑陽学園は九回、1死から進藤勇也選手(2年)が中堅手の失策で一気に三塁へ。続く石川湧喜選手(同)の打球が一塁手の失策を誘い進藤選手がサヨナラのホームを踏んだ。投げては3人の継投で零封した。

     小林西は九回に無死満塁の好機を作ったが併殺と三振であと一本が出ず、好投の鶴田幸多郎投手(同)を援護できなかった。

    〔福岡都市圏版〕

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト