メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

筑陽学園サヨナラ勝ち /福岡

[PR]

 第143回九州地区高校野球大会は21日、熊本県八代市の県営八代球場などで1回戦4試合があった。県勢の筑陽学園は初戦で小林西(宮崎)と対戦し、1-0で九回サヨナラ勝ちした。筑陽学園は22日、興南(沖縄)と対戦する。【宗岡敬介】

3人継投で零封

 ▽1回戦

小林西

  000000000=0

  000000001=1

筑陽学園

 (小)鶴田-高橋

 (筑)西、菅井、西館-進藤

▽二塁打 平野匠(小)

 筑陽学園は九回、1死から進藤勇也選手(2年)が中堅手の失策で一気に三塁へ。続く石川湧喜選手(同)の打球が一塁手の失策を誘い進藤選手がサヨナラのホームを踏んだ。投げては3人の継投で零封した。

 小林西は九回に無死満塁の好機を作ったが併殺と三振であと一本が出ず、好投の鶴田幸多郎投手(同)を援護できなかった。

〔福岡都市圏版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです