メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季九州地区高校野球大会

神村学園、コールド発進 熊本国府、小林西は敗退 /鹿児島

 第143回九州地区高校野球大会は21日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場などで1回戦4試合があり、神村学園(鹿児島)が北陵(佐賀)に12-4で快勝した。熊本国府(熊本)、小林西(宮崎)はいずれも初戦で敗れた。22日は2回戦4試合があり、4強をかけて日章学園(宮崎)と熊本西(熊本)が対戦。神村学園は大分(大分)と戦う。【清水晃平】

     ▽1回戦

    熊本国府

      000002000=2

      03001001×=5

    興南

     (熊)斎藤-竹林

     (興)宮城-遠矢

    ▽二塁打 勝連、金城(興)

     興南は二回、1死から5連打で3点先取。夏の甲子園を2度経験した左腕エース・宮城大弥投手(2年)が14奪三振で完投した。

     熊本国府は六回、1死満塁から増田剣人選手(1年)の左前打などで2点を返したが、相手の好守備で反撃を断たれた。井手千秋監督は「宮城投手はスピードとキレがあった。このレベルを攻略できるチームにしたい」と前を向いた。

    小林西

      000000000=0

      000000001=1

    筑陽学園

     (小)鶴田-高橋

     (筑)西、菅井、西館-進藤

    ▽二塁打 平野匠(小)

     筑陽学園は九回、1死から進藤勇也選手(2年)が中堅手の敵失で一気に三塁へ。続く石川湧喜選手(同)の打球が相手一塁手の敵失を誘い進藤選手がサヨナラのホームを踏んだ。投げては3人の継投で零封した。

     小林西は九回に無死満塁の好機を作ったが併殺と三振であと一本が出ず、好投の鶴田幸多郎投手(同)を援護できなかった。

    北陵   2000101=4

    神村学園 025014×=12

     (七回コールド)

     (北)中尾、藤本-末次

     (神)桑原、内田、仲間、那根-松尾将

    ▽三塁打 末次(北)桑原(神)

    ▽二塁打 ビアイ・マイケル、吉武(北)森口、田中大、松尾駿、高那(神)

     神村学園は2点を追う二回、田中大陸選手(1年)の右前適時打などで追いつくと、三回に打線が爆発。四死球などを足がかりにした満塁の好機で、桑原秀侍選手(1年)が走者一掃の中越え適時打を放ち突き放した。投げては4投手の継投で反撃をかわした。

     北陵は一回にビアイ・マイケル選手(2年)の適時二塁打で2点先取したが、以降は打線がつながらなかった。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト