メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季北信越地区高校野球大会

啓新、創部7年目で初

 (21日)

     ○…啓新は2番手右腕・浦松が投打で活躍し、初の決勝に進んだ。0-3の七回から登板。1死から中前打を許したが、「後続を打ち取ればいい」と落ち着いていた。横手から緩い変化球を巧みに織り交ぜて後続を断ち、八、九回も決定打を許さず無失点で締めた。打っても七回無死二、三塁から中前に2点適時打を放ち、逆転につなげた。今大会は全3試合に救援登板し、いずれも無失点。創部7年目の若いチームをけん引する2年生は「決勝も全力で投げるだけ」と頼もしかった。

    北信越(ハードオフエコ新潟)

     ▽準決勝

    上田西(長野)

      001002000=3

      00000040×=4

    啓新(福井)

     (上)阿部、山口、石坂、宮尾-宮坂

     (啓)安積、浦松-穴水

    星稜(石川)

      002000110=4

      000000000=0

    東海大諏訪(長野)

     (星)奥川-山瀬

     (東)横田-黒沢

    ▽本塁打 内山(星)

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト