メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季近畿地区高校野球大会

報徳、4番の一発

 (21日)

     ○…報徳学園の4番・浦上が近江の左腕・林から本塁打を放ち、貴重な追加点を奪った。七回、犠飛で勝ち越した直後の2死走者なし。「大きいのを狙っていた」と132キロの内角直球を引っ張り、左翼席中段へアーチを架けた。今春も4番を務めた右の長距離打者。だが、「先輩の試合をつぶせない」と重圧を感じて結果を残せず、今夏はベンチ外だった。最高学年になり「思い切って振れるようになった」。気が優しい2年生がいよいよ頼もしくなってきた。

    近畿(兵庫・ほっともっと神戸)

     ▽1回戦

    神戸国際大付(兵庫)

      000001003=4

      40010000×=5

    福知山成美(京都)

     (神)松本、鍵-鈴木、松尾

     (福)小橋-原

    近江(滋賀)

      002000000=2

      01001021×=5

    報徳学園(兵庫)

     (近)林-有馬

     (報)林-西井

    ▽本塁打 浦上(報)

    明石商(兵庫)

      002000040=6

      201010000=4

    京都国際(京都)

     (明)中森、宮口-水上

     (京)酒井、生駒-谷口

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト