メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

1回戦 春日部共栄8強 藤代に競り勝つ /埼玉

[PR]

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は22日、甲府市の山日YBS球場で1回戦2試合と準々決勝1試合が行われた。県勢の春日部共栄は1回戦で藤代(茨城2位)に7-6で競り勝ち、ベスト8に進んだ。23日は同球場で準々決勝3試合があり、春日部共栄は横浜(神奈川1位)と対戦する。【畠山嵩】

打撃戦を制す

 <山日YBS球場>

 ▽1回戦

春日部共栄

  004000201=7

  001120200=6

藤代

 春日部共栄が両チーム計20安打の打撃戦を制した。6-6の同点で迎えた九回2死一、二塁、5番・石崎が左前打を放ち、左翼がボール処理を誤った間に二走が生還、勝ち越した。藤代は中盤以降、小刻みに点を重ねたが逆転できなかった。

 <山日YBS球場>

 ▽1回戦

横浜  000025100=8

甲府工 002000000=2

 ▽準々決勝

前橋育英 0100000=1

山梨学院 220320×=9

 (七回コールド)


 ■熱球譜

「積極的に振って」先制打 春日部共栄1年・平尾柊翔(しゅうと)選手

 6-6の同点で迎えた九回表、打球は二塁に転がったが、一塁にヘッドスライディングして内野安打をもぎ取った。「エースが頑張って投げている。この回で決めてやる」。執念の出塁だった。

 上尾市出身で、昨年の15歳以下日本代表に選ばれた逸材。春日部共栄の攻撃力の高い打線にひかれ、「本多監督について行けば甲子園に出場できる」と、地元埼玉の学校を選んだ。

 1年生ながら打線の中軸を担う3番を務めるが、気負いはない。この日も三回表、無死一、三塁で打席に立つと、狙っていた低めの直球を右翼にうまく運び、先制適時二塁打を放った。「プレッシャーはあるが、周りがカバーしてくれるので積極的に振っていける」と笑顔を見せる。

 目標は1年先輩の1番黒川。「絶対に三振せず当てるのがうまい。ああいうバッターになりたい」と話す。チームで目標とする明治神宮大会出場に一歩進んだ。「一勝一勝しっかり勝ち進みたい」。理想の先輩の背中を見ながら、自慢の打力を武器に関東大会優勝を目指す。【畠山嵩】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1506

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです