メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

1回戦 春日部共栄8強 藤代に競り勝つ 監督・主将の話 /埼玉

[PR]

選手がよく耐えた 春日部共栄・本多利治監督

 最初から最後まで苦しかったが、選手たちがよく耐えてくれた。先発・村田が6点も奪われるとは思わなかった。八回以降、緩急をつけて投げるように伝えた。藤代は粘り強い相手だった。

流れ相手に渡さず 春日部共栄・石崎聖太郎主将

 初戦でチームが緊張していた。追いつかれても逆転を許さず、流れを相手に渡さなかったことが勝因。準々決勝では守りを立て直し、守備からリズムを作れるようにしたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです