メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季関東地区高校野球大会

横浜、快勝で8強 8-2で甲府工降す /神奈川

 第71回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は22日、甲府市の山日YBS球場で1回戦2試合と準々決勝1試合があった。県勢の横浜(神奈川1位)が甲府工(山梨3位)に8-2で勝ち、準々決勝に駒を進めた。

     このほか春日部共栄(埼玉1位)は藤代(茨城2位)を7-6で破り準々決勝に進み、山梨学院(山梨2位)は前橋育英(群馬1位)に9-1で七回コールド勝ちし、4強入りを果たした。

     23日は準々決勝3試合が行われる予定。【金子昇太、滝川大貴】

    被安打2の好投

     <山日YBS球場>

     ▽1回戦

    横浜  000025100=8

    甲府工 002000000=2

     (横)及川、木下-山口

     (甲)小林、近藤-望月

    ▽三塁打 五味(甲)

    ▽二塁打 小泉、度会2、内海(横)

     横浜の及川投手は四回に3者連続三振を奪うなど8回被安打2の好投。打線は六回、小泉、度会、内海の適時二塁打3本の猛攻を見せた。甲府工は三回に五味の適時三塁打で2点を先制したが、四回以降は無安打だった。


    3打点で勝利に貢献 山口海翔捕手・横浜(2年)

     9番打者ながら3打点の活躍でチームの勝利に貢献した。リードされた五回、同点で迎えた六回にいずれも好機で打席に入ると、粘り強く内野ゴロを放ち、同点と勝ち越しの走者を生還させた。続く七回には適時打を放ち、試合後「とにかく後ろにつなげられて良かった」と目を細めた。

     バッテリーを組むエース・及川雅貴投手(2年)とは試合前日まで、相手打者をビデオで研究し、配球について話し合いを重ねた。だが序盤に2点を先制されると、チームの雰囲気が悪くなったと感じた。「相手の良い流れがある。仕方がない。とにかくその後の打者を抑えよう」。そう励ますと、及川投手は立ち直り、ピンチを連続三振で切り抜けるなど、試合の流れを引き戻してくれた。

     そして自らバットでエースの力投に応えた。だが試合後は「自分は打てる選手じゃないので」と何度も謙遜し、「どれもきれいな当たりとは言えない。自分らしい打撃もできていない」と反省を口にした。そして次戦に向けこう意気込んだ。「投手陣としっかり話を詰めて、最少失点で抑えられるような配球を考えたい」【洪〓香】


    高校野球テレホンガイド

     0180・99・1506

     毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト