メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季北信越地区高校野球大会

啓新、星稜に2-2 延長十五回 きょう再試合、頂点目指す 決勝引き分け56年ぶり /福井

【啓新-星稜】八回表啓新1死一、三塁、幸鉢の二ゴロの間に三塁から山沢が生還、1点差に追い上げる=新潟市のハードオフエコスタジアムで、岩壁峻撮影

 第139回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は22日、新潟市のハードオフエコスタジアムで県代表の啓新が星稜(石川1位)との決勝に臨み、延長十五回の末2-2で引き分けた。大会規定に基づく再試合は、23日午前10時から同じ舞台である。この大会の決勝が引き分け再試合になるのは56年ぶり3回目。

     啓新は序盤に2点を失ったものの八回表に追いつき、その裏にマウンドを引き継いだ浦松巧投手(2年)が相手打線を翻弄(ほんろう)。両者とも決め手を欠き、勝敗の行方は23日に持ち越された。今大会の成績は、来春のセンバツ出場校を選考する際の重要な資料となる。【塚本恒、岩壁峻】

     ▽決勝

    啓新

      000000020000000=2

      010100000000000=2

    星稜

     (延長十五回引き分け再試合)

     啓新は2点を追う八回、山沢の二塁打と敵失でつくった1死一、三塁の好機に幸鉢の二ゴロで1人生還。さらに2死一、二塁とし、浜中の左前打で1点返して同点とした。投げては安積、浦松が要所を締め、2時間56分の熱戦を引き分けた。

    ペース配分絶妙 8回95球無失点

    【啓新-星稜】八回裏からマウンドに上がった啓新の浦松巧投手=新潟市のハードオフエコスタジアムで、塚本恒撮影

     ○…啓新は、先発の安積航大投手(2年)から八回にマウンドを譲り受けた浦松巧投手(同)が役目を果たした。延長戦に突入した時点で「長い試合になる」と予感し、絶妙のペース配分。横手投げからインコースを突く変化球を巧みに使い、8回95球を無失点の省エネピッチングで切り抜けた。試合後は大粒の汗をぬぐい「明日も負けられない」。早くも再試合を見据え、気を引き締めていた。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト